Vyattaにrvmとfluentd入れたけどうまくいかなかった

Vyattaにfluentd入れて、fluentd→fluentdでログ集めようとしたけど失敗した

環境 ESXi5.0 u1 Vyatta Core 6.4 (VMXNET3、Debianのリポジトリを追加してからVMware公式のVMware Tools入れてる) * fluentd 0.10.22

入れた手順

  1. rvm入れる
# aptitude install ruby-full
# curl -L get.rvm.io | bash -s stable
# source /usr/local/rvm/scripts/rvm
# rvm requirements
# aptitude install build-essential openssl libreadline6 libreadline6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev …
more ...

VMware上のVyattaをクローンできるようにする

最近の他のOS同様、Vyattaもクローンしたり、NIC付け替えるとeth0、eth1だったのがeth2、eth3になったりします。

configファイルはeth0、eth1のままなので、いちいち設定し直さないとネットワークにつながりません。

それは大変面倒なので、ググったらvyatta-clone-helperっていうすばらしいツールがあったので入れ方をメモ。

Vyatta4Peopleのリポジトリを追加

configure
set system package repository vyatta4people url http://packages.vyatta4people.org/debian
set system package repository vyatta4people distribution experimental
set system package repository vyatta4people components main
commit
save

vyatta-clone-helperをインストール

sudo aptitude update
sudo aptitude install vyatta-clone-helper

クローン後に起動してから、さらに再起動するとeth0、eth1 …

more ...

VyattaにVMware Tools入れる

ただ入れるだけだと、VMware ToolsがONにならなかったり、IPが取れなかったりいろいろ不安定になるのですが、gccとかがないのが原因らしい。

というわけで、入れた手順。

バージョンはVyatta Core 6.3とESXi5.0です。 ※追記 Vyatta Core 6.4やESXi4.1でもいけた

open-vm-toolsはいらないので消す(これと競合してたかもしれない)

## 6.3
sudo aptitude remove open-vm-tools open-vm-modules-2.6.37-1-amd64-vyatta-virt
## 6.4
sudo aptitude remove open-vm-tools open-vm-modules-3.0.23-1-amd64-vyatta-virt

Debianのリポジトリを追加する

configure
set system package repository squeeze components 'main contrib non-free'
set …
more ...