最終更新: 2015/12/01

これは、VyOS Advent Calendar 2015の1日目の記事です。

VyOSを触り始めるといろいろと疑問が湧いてくるのですが、調べるのが大変なことも多いので、まとめておきます。

初めて触る人向けの情報をまとめようと思っていたのですが、少し経ったくらいで気になることばかりになってしまいました。

内容は思いついたときに随時更新していくかもしれません。

以下、FAQです。

次のバージョンはいつ出るのか

VyOSのリリースのコードネームは元素名になっています。2015/12/01現在の最新はHeliumなので、次はLithiumです。

Lithiumについては下記のURLに書かれています。

http://vyos.net/wiki/Lithium

Estimated release dateがSpring 2015になってますが、まだ出ていません。このページのRoadmapのCONFIRMEDIN_PROGRESSでSeverityが高いものがRESOLVEDになればリリースされるかもしれません。

そろそろリリースしようかという話は、開発者メーリスで流れています。

それぞれのIssueの進捗はBugzillaで確認しましょう。

新しいDebianベースにならないのか

@UnicronNLさんががんばっていましたが、最近忙しくて進んでいないようです。他にやっている人もいなそうなので、誰か手伝ってくれると助かると思います。

下記のURLにJessieに対応しようとしていたブランチがあります。

https://git.multi.eu/vyos/build-iso/tree/jessie-transit

StrongSwanのバージョン新しくならないのか

BugzillaIssueがあるので、これを監視するか、テストに協力しましょう。

また、他のソフトの場合も同じなのですが、BugzillaにIssueを作らないと新しいバージョンが出ていても需要がないのかなと思われてしまうのでIssueあげると良いです。

Debianのパッケージを入れたい

やり方が公式FAQに載っています。

http://vyos.net/wiki/FAQ#How_do_I_install_debian_packages

古いバージョンのVyattaのISOやドキュメントが欲しい

VyOSはVyatta 6.5からフォークしたものなので、Vyattaのドキュメントが参考になったりします。

公式サイトからはなくなっていますが、下記のURLの配下にISOなどがアーカイブされています。

ちなみに1つ目の方はIRC@vyatta archiveと打つとvybotが教えてくれます。

失われてしまったVyattaのHacker Forumは下記のページで2013/06/01のスナップショットが見られます。

http://web.archive.org/web/20130601170522/http://vyatta.org/forum

困っていることは昔と変わらないことが多いので大変参考になります。

カーネルをカスタマイズしてビルドしたい

自分のgistで申し訳ないですが、下記を参考にしてください。

https://gist.github.com/higebu/409c00db4aa1256e405b

普通にカーネルをリビルドしたい場合は、公式ドキュメントが参考になります。

Intel DPDK対応しないのか

メンテナ少ないし、Debianの新しいバージョンに追随したり、バックエンドをきれいにする方をがんばりたいという話になっています。

素直にVyatta vRouter使うのがおすすめです。

もし自分で実装したという方がいらっしゃいましたら、プルリクエストお願いします。

vyconfdはどこに行ってしまったのか

一旦開発停止して、下記URLに移動しています。

https://github.com/vyos-legacy/vyconfd


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments powered by Disqus