この記事は、 VyOS Advent Calendar 2014 の9日目の記事です。

VyOS のコンテナがあったら面白そうということで作ってみました。

作り方

VyOS には debootstrap が入っていないため ISO から作っています。

基本的には、 vyos/build-amiDocker 公式ドキュメントを参考にしています。

また、イメージの作成は手元の Ubuntu 14.04 で行いました。

流れは下記の通りですが、シェルスクリプトにしてしまったので、1つ1つは説明しません。

  • docker をインストール
  • overlayroot をインストール
  • ISO をダウンロード
  • ISO をマウント
  • ISO の中身から root パーティションを構築
  • イメージビルド用ディレクトリにコピー
  • イメージビルド用ディレクトリを圧縮
  • Dockerfile を作成
  • docker build

また、スクリプト内でイメージ名に Docker Hub のユーザ名を含めているため docker login しておきます。

引数に ISO の URL を指定して実行します。

wget https://gist.githubusercontent.com/higebu/c152e73c20d438e33134/raw/cacc01517e2898e09bd98dd7303693af74b82aff/mkimage_vyos.sh
chmod +x mkimage_vyos.sh
./mkimage_vyos.sh http://mirror.vyos-users.jp/iso/release/1.1.1/vyos-1.1.1-amd64.iso

スクリプトは gist に置いてありますので、興味のある方はご参照ください。

できあがったものは Docker Hub に置いてあります。

使い方

使い方は模索中ですが、下記のようにすると一応起動します。

docker run -d --privileged -v /lib/modules:/lib/modules higebu/vyos:latest /sbin/init

カーネルモジュールが必要なサービスばかりのため、 -v /lib/modules:/lib/modules でホストのカーネルモジュールを読み込めるようにしています。

--privileged を付けないと /lib/modules 配下のファイルを読めず、カーネルモジュールが必要なサービスが起動しません。

その後、下記のようにすると vyos ユーザになれます。

docker exec -ti {name} /bin/vbash
su - vyos

configure などのコマンドも普通に動きます。

ただ、このままだと、 Ubuntu のカーネルモジュールで動いており、パッチを当てている、 VyOS のカーネルモジュールとは別物の可能性もあるので、 VyOS の上で Docker を動かせないかやってみたというのを明日書こうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments powered by Disqus